タチウオを釣るつもりがサバしか釣れなかった夜の旧水上警察

タチウオが釣りたい!

秋になるとタチウオを狙った夜のうき釣りがしたくなる。

水中にボヤ~っと電気ウキが引き込まれるあの感じはヤミツキになるものだ。

という訳で夜の南大阪にタチウオの電気ウキ釣りに行ってみた。

泉大津の旧水上警察というポイントへ

大阪湾の秋の週末はどこの波止に行っても釣り人がいる。

特に夜はタチウオを狙う釣り人でいっぱいだ。

そう思い、旧水上警察や汐見埠頭砂揚げ場といった車横付けのできる釣り場はは避けて、大津川のテトラ帯に行こうと思っていた。

だが一応旧水上警察の状況を見ておこうと寄ってみると以外にも人が入れるスペースは十分あった。

気になるタチウオの釣果はまだ無いようだが、タチウオの代わりにサバが釣れるという。

魚が釣れるならまあいいか。

そう思い先行者に声をかけ、隣に入らせてもらうことにした。

ボコボコに魚を釣るお隣さん

いそいそと仕掛けを準備し、キビナゴをつけてまずは一投。

タナは1.5ヒロだ。

なぜならお隣さんが1.5ヒロでサバを連発させているから。

私も何か釣りたい。

タチウオならなお良いが、とにかく魚が釣りたいのだ。

何度か打ち返すが反応は無い。

お隣さんは相変わらず好調で、仕掛けを投げて馴染ませるとすぐにウキに反応が出ている。

正体は本命のタチウオではなくサバのようだが、ウキに反応があることがうらやましい。

私のウキにも反応があっても良さそうなものだが・・。

タナの問題か?

少し深くタナを取ってみると私のウキにも反応が!

電気ウキが沈んだかと思えばすぐに浮いてくる。

思わせぶりなウキの動きである。

試しに竿をあおってみると魚が掛かった!

やはりサバだった。

30センチくらいだろうか。

何も釣れないよりはよほど良いしお土産にもなる。

タチウオがいないならサバを狙え

なんとか1匹釣れたが後が続かない。

サバにはハリが大きすぎるのかも知れない。

今日はタチウオはいないようなので、それならばとサバに合わせた仕掛けに変更だ。

タックルボックスの中にちょうどチヌ針が1本だけあった。

タチウオ用のワイヤー針を外し、サバの口に入りやすそうなチヌ針をセットした。

エサはキビナゴとサンマの切り身だったが、サバのサイズを考えて半分か1/3くらいにカットする。

これが正解だった。

今度はウキがしっかりと引き込まれ、ケミホタルが横に走っているのを確認してから合わせを入れる。

本日2匹目のサバをゲットだ。

タナは1.5ヒロに戻していたのも良かったかも知れない。

やはり釣れている人のアドバイスは聞くものだ。

そこからは30センチ前後のサバを5匹釣り上げて午前0時に納竿とした。

次はタチウオを釣りたい

タチウオを釣りたかったが今回はサバしかいなかったようだ。

残念だったがいないものは釣れない。

それよりもサバ狙いに切り替えてボウズを逃れることができて良かった。

次はタチウオを狙いたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク