夏の大阪湾でよく釣れる魚

夏は魚の活性が上がり、海全体が活気づく季節だ。

サビキで簡単に釣れる小魚たちは釣りの楽しさを味わうには持ってこいのターゲットとなるだろう。

釣れた魚はぜひ家に持って帰って食べて欲しい。

子供にとっては忘れられない夏の思い出になるはずだ。

6月の大阪湾でよく釣れる魚

メバル・ガシラ・ハネ・チヌ・(ブリ)・タコ

6月のメバル

メバルは梅雨メバルという言葉があるほどで、この時期までよく釣れる。

水温も上がってきているが、まだまだメバルは元気だ。

メバルを狙うならテトラ帯がお勧めだ。

メバルは障害物が好きな魚だからだ。

この時期には泉南のマーブルビーチでプラグを使ったメバリングが人気で私も挑戦したことがある。

夜もそれほど寒くないのでメバルをプラグで釣りたい人はチャレンジしてみてほどうかと思う。

6月のハネ

ハネを狙うにはエビ撒き釣りだが、チヌも同じ仕掛けでよく釣れる。

西宮ケーソンや南芦屋浜がお勧めだ。

魚のエサについてだが、水温の上昇とともにアミと呼ばれる小さなエビが活動的になり、これをベイトとする魚が多くなる時期だ。

5月と同様にアミを偏食する魚がいるために、活きエビに反応が悪くなることもある。

6月のブリ

よく釣れる訳ではないが、毎年この時期に岸からルアーでブリが釣れる。

貝塚一文字や忠岡の沖向きテトラ、岸和田一文字などで釣果があるので一発当てたい人は早朝にチャレンジして欲しい。

6月のタコ

またタコの新子が爆発的に釣れ始めるのも6月ごろである。

型は小さいが岸和田一文字や武庫川一文字では連日タコが20パイ、30パイと釣れるのもこの時期だ。

噂では岸和田一文字の海底にはタコのじゅうたんができているらしいが、話を大きくするのが大阪人の特徴なので真に受けてはいけない。

7月の大阪湾でよく釣れる魚

イワシ・アジ・サバ・タコ・サヨリ

大阪湾の波止はいよいよ夏本番を迎え、魚も人間も活気が出る時期の到来である。

サビキ仕掛けでイワシや小サバがバンバン釣れるため、親子で釣りを楽しむ光景が微笑ましい。

私も小さい頃、親に釣りに釣れていってもらい、アジやイワシをクーラーいっぱいになるまで釣った記憶がある。

アジ、イワシに釣りの楽しさを教えてもらったのだ。

7月のアジ・イワシ

アジ、イワシは仕掛けも簡単なので手軽に釣りを楽しむことができる。

ただ針の大きさには気を付けて欲しい。

この時期のイワシやアジはサイズが小さいため、大きな針には食いつくことができない。

針のサイズを間違うと周りは釣れているのに自分たちだけは釣れないなんてことになりかねない。

釣り具屋さんでアミエビを買う時に、お勧めの針の号数も聞いておくことをお勧めする。

7月のタコ

型は小さいがタコが最もよく釣れる時期が6月から7月である。

タコはキラキラと目立つもの、ユラユラと動きのあるものに反応する。

そのためタコ専用ルアーは派手なルアーだよく釣れる。

岸壁を狙うならタコの形をしたルアーを垂直に落としてユラユラとアピールしながら撒いてくるとよい。

岸和田一文字や武庫川一文字は水深があるために、タコルアーの3連仕掛けが効率が良い。

タコの吸盤はとても力が強いため、岸壁に張りつかれてしまうと根掛かりかと思うほど動かなくなる。

そのまま本当に根掛かりとなってしまうこともあるが、根気よく揺すってやれば剥がれてタコが上がって来ることもある。

根掛かり?と思ってもあきらめず根気よく揺すってみて欲しい。

またタコエギで海底をズルズルと引くのもアリだ。

金銀のラメを自分でつけるなど、とにかくド派手にして目立たせると良い。

ちなみに豚の脂身?をつけるとよく釣れるらしいが真意は分からない。

8月の大阪湾でよく釣れる魚

イワシ・アジ・サバ・キス・サヨリ

7月とさほど変わらないが、魚のサイズが少し大きくなってくる。

イワシもよく釣れるがアジは7月より8月の方がよく釣れるようになる。

夏休みということもあり、ファミリーでの釣り客が多く、人気の場所(車横付けできるなど)は早朝に行かないと入れないこともある。

早朝の方が涼しいし、よく釣れるので釣り場には早く着くことをお勧めする。

8月のキス

またこの時期に人気なのがキスである。

釣っても楽しいし、食べても美味しいキスは夏の人気者だ。

キスは砂地を好むので海水浴場の近くや砂地の場所が良い。

和歌山では片男波、大阪では大津川尻、兵庫では須磨などが人気の釣り場だ。

海水浴場になっている場所は海水浴客が来るまでが勝負となるが、少しズレた場所なら海水浴場になっていない場所があるはずだ。

落ち着いて釣るならそうした場所を狙ってみて欲しい。

私は夏が来るたびにブルブルッとしたキスのアタリを味わいたくなる。

8月のサヨリ

サヨリは群れが入っていればよく釣れる。

釣れる場所はいろいろだが南芦屋浜などが有名だ。

サヨリの専用仕掛けで狙うと良い。

夏の大阪湾は魚の活性が高い

大阪湾の夏はイワシやアジなどの小魚が沿岸に入ってくるとともに一気に盛り上がる。

その小魚を狙って大型魚も沿岸に寄ってくるため、小物から大物までが岸から狙える状況になる。

昼間は暑く、あまり釣れないので釣りに行くなら早朝か夕方からがお勧めだ。

この時期は初心者でも釣りに行けば何かしら釣れるので、魚の引きを味わうには良い時期である。

釣りに行くなら釣り場の近くの大型釣具屋さんを利用するのがよい。

その点フィッシングマックスは大阪湾岸のあちこちにあり、品数も多く便利な釣り具屋さんだと思う。

どこで何が釣れているのかも店員さんに聞けば大体のことは教えてくれる。

釣具屋さんを上手く活用して、ぜひ満足のいく釣果を上げて欲しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク