GWの尼崎でシーバス狙い!バチルアーはフィールで決まり

GWはほとんど仕事だったが1日だけ釣りに行くことができた。

風のある日でバチルアーを投げるには少々不利な状況だったが、なんとかシーバスを釣ることができて満足している。




今日のバチルアーは「フィール」縛り

今回の場所は尼崎。

船が入るための湾になっている場所で、水面が近くて釣りやすいところだ。

何度か来たことのある場所で、それなりに魚がいることは分かっている。

ちなみに私が思うには、尼崎、西宮は南大阪に比べてシーバスの魚影が濃いと思うのだが、いかがだろうか。

まだ明るい時間にエントリーし、暗くなるのを待つ。

D君は待ちきれずにミノーを投げている。

私は今回これしか投げないと決めているルアーがあるので、水面を泳がせて動きと引き波をチェックすることに。

フィールというバチ専用ルアーだ。

何度も使っているために、すでに目玉が取れている。

フィールの引き波はこんな感じだ。

フィールは大型のバチそっくりの引き波を出しながら泳ぐ、いかにも釣れそうなルアーである。

泳ぎもさることながら、フィールはフックが4本もついているので、一度かかったらなかなかバレないという特長があるのでお勧めだ。

2019の初バチシーバスをゲット!レギュラーサイズで満足の1匹

あたりが完全に暗くなる寸前、コツ・・というアタリがあった。

やはり魚はいる!

水面には小さなバチの姿も見える。

フィールを投げる竿にも力が入るというもの。

そして何度目かのキャストの後、ソリッドロッドがグイーっと引き込まれた。

10メートルほどのところで魚がジャンプ。

エラ洗いだ!シーバスだ!

(※前回はボラ先生を釣ってしまった)

D君にネットインしてもらい、写真を撮る。

やっぱりシーバスはカッコいい!

なんだか久しぶりに魚の引きを味わった。

とにかく釣れて良かった。

フィールを信じて投げ続けて良かった。

その後はアタリも遠のいて気配もなくなったので撤退し、D君の希望で左門度川へ。

しかし移動後も釣れず、(というか1匹釣れた私は満足し、ほとんど投げていない)結局釣れたのはこの1匹のみとなった。

水面をライトで照らしてみると、ここでも無数の小さなバチが泳いでいる。

関西のバチシーズンは最盛期といえるだろう。

今年は5月いっぱいはバチゲームを楽しめるだろうか。

初心者でも簡単に釣れるバチシーバスにぜひ行ってみて欲しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク