冬の大阪湾でよく釣れる魚

よく釣れる・・とは書いたものの、正直言って冬に魚がバンバン釣れるという経験を私はしたことがない。

しかも寒い。

ただそれでも釣りに行きたいという気持ちはよく分かる。

私も釣りに行きたい!という気持ちが高まればどれだけ寒くて暗い時間からいそいそと釣りの準備を始めるのだ。

冬の大阪湾は寒いし、爆釣をしたことはないが、狙って釣れた時の1匹の感動はひとしおだ。

狙ったポイントに仕掛けを入れて狙った通りに魚が釣れれば寒さなんて吹き飛んでしまう。

冬ならではの楽しさがある。

冬でも魚を釣りたい方は参考までに読んでみて欲しい。

12月の大阪湾で良く釣れる魚

タチウオ・メバル・ガシラ・ハネ

12月の大阪湾は気温は低くなるが、水温はまだ下がり切っていない。

小魚はほとんどいなくなってしまうが、秋によく釣れた魚たちはまだ岸からでも狙えるし、冬に元気になる魚もいる。

タチウオとメバルだ。

12月のタチウオ

秋の初めには数が釣れるタチウオだが12月になると数は減ってくる。

反面サイズはよくなってくる。

ぜひドラゴンサイズのタチウオを狙いに行って欲しい。

魚の数が多ければルアー(ワインド)釣りでアタリが出るので面白いが、寒くなるとタチウオの数が減ってくることと、活性も上がり切らないことからルアーへの反応は悪くなる。

12月はルアーで狙うよりも餌釣りでじっくり狙ってみてはどうかと思う。

タチウオの電気ウキ釣りの合わせを入れるタイミングは難しいものだ。

すぐに合わせてはいけないという人や、沈んだらすぐに合わせるべしという人がいて、一体どれが正解なのか迷うと思う。

私の結論はその時による、である。

ウキにバンバン反応が出る時は即アワセで良いし、渋い時には電気ウキの明かりが見えなくなるくらい待ってから合わせを入れる。

ただ、どんな上手い人でも100%針掛かりする訳ではない。

あれだけウキが沈んだのに??

ということもよくあるのがタチウオ釣りだ。

もどかしいが、こんなふうに釣れたり釣れなかったりするのが釣り人の心を掴んで離さないタチウオの魅力だと私は思う。

凶悪な顔をしているのに気まぐれ女性のような魚。

それがタチウオだ。

寒くなった12月になってもタチウオを狙っている釣り人は全員タチウオの魅力にメロメロになっている釣りバカの仲間になってみて欲しいと思う。

12月のメバル

水温が下がれば元気になってくるのがメバルだ。

メバリングも良いが、夜のエビ撒き釣りでメバルを狙うのも楽しい。

型はバラバラだが、時合いがハマればメバルがバンバン釣れる。

シラサエビと電気ウキで狙った釣りになるが、ハネのエビ撒き釣りのようにエビを大量に撒かなくても釣れる。

底を狙えばガシラも釣れる。

釣れる場帆は根の荒い場所やテトラ周りだが、エビクーラーを持って夜にテトラで釣るのはトラブルが起こる可能性が高まるのでお勧めしない。

お勧めは神戸空港だが、風のない日を選ぶ必要がある。

神戸空港の釣りベランダは北向きに面しているために、北風をモロに受ける。

陸上では微風でもいざ釣り場(神戸空港)に行ってみると爆風で釣りにならないこともあるので、天気図とにらめっこしながら釣りに行く日を選んで欲しい。

1月の大阪湾でよく釣れる魚

メバル・ガシラ・ハネ

1月のハネ

1月の大阪湾はなかなか厳しいが、あえて狙うならエビ撒き釣りのハネをお勧めする。

魚がよく釣れるからというよりも、他に狙える魚が少ないからという消極的な選択なのだが良いこともある。

ハネは寒い時期は地方に分があるとハネ釣りの上級者が言っていた。

それにこの寒い時期にハネを狙いに早朝から釣りをしている人は決まって地元の上級者だ。

釣りの達人の隣に入れるチャンス!と思って隣に入ってその人の仕掛け、タナ、仕掛けの投入点、餌を撒くタイミングなどを研究しよう。

きさくに話かければ釣りの色んな深い話を聞けるだろう。

釣りの上達の秘訣は上手い人のマネをすることである。

臆せずに突撃することをお勧めする。

2月の大阪湾で釣れる魚

ハネ・メバル

2月のハネ

1月に引き続きエビ撒き釣りのハネをお勧めする。

理由は1月とさほど変わらない。

だが私だけかもしれないが2月は意外とハネが釣れると思う。

寒くても気温(水温)が安定していれば魚は釣れるのだ。

魚も他にエサとなるものが無いので、エビへの反応も良いことが多い。

(どうでない時もあるが)

フグなどのエサ取りもいないので、アタリが出れば本命(ハネ)である。

夜明け前の真っ暗な海を前にして仕掛けをつくる時間はワクワクするものだ。

2月にハネを釣りに行くようになれば立派な釣りバカである。

冬の大阪湾は1匹の魚に感動するべし

冬の大阪湾で釣れる魚は限られている。

ボウズは当たり前。

しかしだからこそ釣れた時の貴重な1匹は忘れられない1匹となるだろう。

海は寒いがしっかりと防寒対策をすればなんとかなる。

感動の1匹をぜひ手にして欲しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク