泉大津、花市場公園の釣り場紹介と釣行記

そういえば最近まともに魚を釣っていない。

これではいけないと思い直し、旬の釣り物を釣ろうと思い、タチウオとハマチを狙いに行くことにした。

夜明け前の暗い時間からタチウオを狙い、夜が開けたらルアーか飲ませ釣りで青物を狙うのだ。

我ながら完ぺきな計画。

問題は釣り場をどこにするかだ。

場所によって大きく釣果が変わってくるので釣り場選びは重要だ。

幸い平日釣行なので神戸方面はともかく南大阪なら釣り場に入れないということはないだろう。

とりあえず午前3時に出発し、フィッシングマックス泉大津店に向かうことにした。

花市場公園という釣り場

フィッシングマックスの店員さんに最近の釣果を聞くと、どこでもタチウオや青物は釣れていますよ!とのこと。

花市場公園はどうかと尋ねたら、そこも釣れていると言う。

それならばと花市場公園に行ってみることにした。

花市場公園は車で近くまで行けることと、足場の良い岸壁なことで人気の釣り場の1つだ。

岸壁は100メートルもないくらいだが、ある程度の人は入ることができる。

フェンスの側は明るい照明があって、夜中でもアジがバンバン釣れる。

私が到着した時はまだ辺りは暗かったが、照明のおかげなのかアジが釣れ続いていた。

春にはエビ撒き釣りでハネも狙うそうだ。

タチウオの電気ウキ釣りスタート

夜明けは6時過ぎなので、暗いうちは電気ウキ釣りでタチウオを狙おうと思う。

周りもタチウオ狙いの釣り人が10人くらいは居たろうか。

釣れている様子はなさそうだがとりあえずキビナゴをエサにして仕掛けを投入する。

余談だがタチウオの電気ウキ釣りのエサは普通のキビナゴで十分だと思う。

フィッシングマックスに行くと赤、黄、青、紫、果てはブラックきびなごなどが少し高い値段で売られているが、どれもそれほど変わらないと思う。

という訳でわ私はいつも普通のきびなごをエサにしているのだ。

さて、ウキの具合はどうだろうとゆっくり流れるウキを眺めていると、なんとウキに反応がある!

ゆくりと沈んでいるが、なかなか沈みきる訳ではない。

まだだ・・・まだ早い・・。

ウキは沈むようで、再び浮いてきたり、また沈んだり・・。

なんとも思わせぶりな動きを繰り返すウキである。

と、ウキがようやく深く沈んだと思ったその時、

「えいやっ!」

と、大合わせをしたのだが、見事にすっぽ抜け。

正確に言うと少し手ごたえがあったのだが、すぐに抜けてしまったという感じ。

いずれにしても空振りである。

さあ!次だとばかり、2投目を投げる。

しかしその後は何度投げてもウキが沈むことはないまま夜明けを迎えたのだった。

まだ青物がある!ジグでハマチを狙うも気配なし

すっかり夜が明けてしまった。

周りの釣り人もタチウオが釣れている気配はなく、今朝の花市場はタチウオは釣れていないのだろう。

余ったキビナゴはたくさんいるネコに全てあげた。

タチウオは居なかったので青物を釣ることにする。

早朝なら活性の高い魚がルアーに反応するかもしれない。

そう思いジグを繰り返し投げる。

投げる、投げる、何度も投げるがアタリはない。

というか、魚がいるような感じがしない。

いつの間にかあれだけ釣れていたアジも釣れなくなっている。

ジグがダメならアジの飲ませ釣りをしようと思っていた私の計算が崩れてしまった。

アジがいないのでルアーで狙うしかない。

しかし何の反応もない南大阪の海。

巨大なフェリーがあっちの岸からこっちの岸へつける間、せっせとジグを投げたがまるでアタリなし。

ここで心が折れてストップフィッシングとなった。

お腹が空いたし魚は釣れない。

またボウズを食らってしまった。

ネコに同情されているようで悲しくなってきた。

魚の活性が高いとされる秋のベストシーズンにボウズという結果は正直言ってへこむ。

次こそは本命の魚を釣り上げたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク